風俗体験談と風俗についてのコラム

デリヘル基礎知識

2017/02/21

デリヘル基礎知識

◆デリヘルってどんなサービス?

昔から男の性欲の捌け口としてなる遊び場は多数存在しました。江戸時代なら遊郭、戦後を知る人ならば赤線などがありました。
その後はご存知の方も多いと思いますが、ピンクサロン・ソープ・ヘルスなどが一般的になりました。しかし、1998年の風営法改正以降、他の風俗を圧倒し日本全国で一番多い風俗の業種となっているのがデリヘルです。

ではデリヘルとはどういう形態のお店を言うのでしょうか。
また、よくわかっていない若い子達はSEXできると勘違いしている人も中にはいるようです。根本的な話ですが、風俗ではサービスの形態に関わらず、本番行為は法律で禁止されていますので絶対にしてはいけません。

デリヘルとはデリバリーヘルスの略称です。デリバリーといえば、ピザとかお寿司を自宅に届けてくれる店を想像してもらえばわかりやすいと思います。
つまり、風俗のサービスをしてくれる女性を自宅またはホテルに派遣して、性的サービス(ヌキ)をしてくれるところがデリヘルになります。

先程紹介したピンクサロン・ヘルス・ソープランドは店舗があり、ユーザーがお店に出向きサービスを受けます。簡単にイメージするのであれば、店舗が無い風俗店はデリヘルと考えてもらうのがいいでしょう。

◆デリヘルのシステム・遊び方

ではデリヘルで遊びたい時はどのようにすればいいのでしょうか。
先程も言いましたがデリヘルには店舗が存在しません。したがって、デリヘルの情報を知る為にはインターネットの風俗サイト、または歓楽街にある風俗案内所を訪れて情報を収集する必要があります。
スマホ・パソコンをお持ちであれば、風俗サイトでご自分が住んでいる地域のデリヘル店を調べるのが一番簡単な方法だと思います。

各デリヘル店にはだいたい掲示板(ホームページ)があり、営業時間・システム・派遣エリアなどが必ず記載されています。
勿論在籍の女の子の紹介欄もありますので、女の子の出勤情報で自分が呼びたい日時に出勤しているかをまず確認します。

また、店によって女の子の指名料金やオプション(コスプレ・バイブ等)が違いますので、しっかりチェックしておきましょう。
デリヘルは自宅への派遣もしますが、ラブホテルを利用する方がほとんどです。自宅へ派遣してもらうことで、ホテル代がかからずに安く済ませることができますが、お店に自宅の住所が知られてしまいます。風俗の利用者は基本的に素性を知られることを嫌うので、ラブホテルを利用します。また、予約をする際には偽名でも問題無いので、匿名性がグッとあがります。予約の際に必要になるのは、電話番号と偽名だけです。ちなみに、デリヘルを初めて利用する人には、ラブホテルは一人で入ることができないと思っている方が多いです。そんなことは無いので、堂々と一人でラブホテルに入りましょう。

デリヘルで楽しく遊ぶ為には、自分自身のエチケットも大切です。デリヘルのコンパニオンの子もいくら仕事とは言え、不潔で口臭がひどい様だと、印象が悪くなりキスもしてくれないかもしれません。
プレイに入る前には歯磨きもシャワーもありますが、清潔感があるに越した事はないと思いますので、お風呂と歯磨きは済ませおくのがいいでよう。

プレイに入ってからは、プロに全てお任せで問題はありません。実際女の子も自分のペースでサービスを行った方がやり易い場合が多いです。
それよりも気をつけてほしいのは、相手の子への態度です。確かにこちらがお金を払った客で、相手の子はサービスする側ですが、横柄な態度をとってしまうとやはりいい気持ちはしません。
優しく接してあげれば相手も同じように接してくれます。短い時間かもしれませんが、お互い楽しく時間を過ごせる方がいいですよね。

これから、デリヘルで遊んで見たいと思っている人は、是非このようなところを参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


All Rights Reserved, Copy(C) 2015-2018 SENDAI TREND 1000