風俗体験談と風俗についてのコラム

風俗の性病対策

2017/04/20

白衣

風俗業界と切っても切り離せないのが性病問題です。
人の粘膜や体液を介して感染する性病の危険はデリヘルを始めとして風俗業を利用する限り常に付きまといます。
しかし、その危険を正しく認識し対策を行うことでリスクを可能な限りを抑えることができます。ここではそんな風俗を利用する際の性病対策を説明したいと思います。

デリヘルを始め風俗業界では本番行為や中出しはNGとされています。
これは法律上「売春」に該当し摘発の対象になるためですが、それ以外にも性病対策の一環として行われています。
コンドームを使うのもこの性病対策の一環で、風俗嬢はこれ以外にもうがい薬を常備しており、プレイ後は消毒を行っていたりします。 また粘膜や体液の接触を最低限にしつつお客様に満足してもらうためローションを常備するなどお店側も相応に性病対策を行っています。

このように風俗業界ではお店側が風俗嬢に性病対策を行っており、マニュアルも渡していることで性病リスクを最低限にまで落としています。逆にお客側が性病対策でソフトになりがちなプレイに満足できず、本番行為を風俗嬢に強要するなどの問題が起きています。 これ等に対してもマニュアルが渡されており、ある程度は代替プレイで満足していただいていますが、それでも納得できない人は多いようです。

しかし、健康とは失って初めて気づくもの。
痛みや苦しみでまともに起き上れないような状況にならないためにも性病対策を行ってデリヘルを楽しみましょう。

病院に通うのが恥ずかしかったり、行く時間が無い人などは、自分で性病をチェックすることができる「性病検査キット」を利用することをお勧めします。
大体1万円前後で購入することができます。
検査の種類としては、採尿やうがいによる検査の2種類あります。これは、性器と喉とでは別の感染症を確認する為です。
採取したものを決められた機関へ郵送し、後日検査結果を受け取ります。
病院に通うよりも楽に検査を受けられます。

しっかりとした検査で、楽しい風俗ライフを満喫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


All Rights Reserved, Copy(C) 2015-2018 SENDAI TREND 1000