体験談:人生初のアナルファック

人生初のアナルファック

2016/07/15

ドアの横に立つ女性

私は常にデリヘルの事を考えながら生活していると言っても過言では無いほど、デリヘルにはまっています。 週に1回は必ずデリヘルを利用してデリヘル嬢とプレイをしないと生きているという実感が得られないのです。 デリヘル嬢と遊んでいる時だけが私にとって生きている事を実感出来る瞬間なのです。

最近私は、人生で生まれて初めてのアナルファックをデリヘル嬢と体験いたしました。 そして私はデリヘル嬢の肛門に自分の陰茎を挿入するあの電気が身体中を走り抜ける様な快感にすっかりはまってしまい、以来私はデリヘル嬢を指名する時には必ず「アナルファックOK」のデリヘル嬢だけを指名する様にしています。

アナルファックは臭いがするかな、とか自分の陰茎が女性の肛門に本当に入るのだろうか、と言った不安がありましたが、デリヘル嬢はラブホテルで私とアナルファックをする前に私に「指を入れてほぐしてからおちんちんを入れて下さい」と教えてくれて、私はその通りにデリヘル嬢のアナルに最初は指を一本入れて出し入れし、次は指を二本入れて出し入れして徐々にデリヘル嬢のアナルをほぐしていきました。 そして指が三本無理なく入ったところで私はぽっかりと開いたデリヘル嬢のアナルを見つめているとデリヘル嬢が後ろを振り向きながら「もう大丈夫だと思いますので、あなたのおちんちんを私のアナルに入れて下さい」と言ってきたので私はデリヘル嬢の言うとおりにデリヘル嬢のアナルに自分のがちがちに勃起した陰茎を挿入してアナルファックを行ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


All Rights Reserved, Copy(C) 2015-2018 SENDAI TREND 1000